Sheetmetal/Painting

鈑金・塗装

  • HOME
  • 鈑金・塗装Sheetmetal/Painting

まずは、お気軽にご連絡ください

「行きつけの工場もなくどこで修理したらいいかわからない」
「他社で見積してもらったがもう少し安く直らないかな」
など、まず相談をしたいというケースが多いと思います。

お気軽にご連絡ください。
弊社では、直接のご来店やお電話でお問い合わせ頂いても大丈夫です。
それでも気を使われる方はお問い合わせフォームからご連絡下さいね。
鈑金見積になりますと、やはり2つとして同じ事故はございませんので損害状況を見ないことには見積も難しくなります。
そんな時はLINEで写真を送っていただければ概算の御見積はすぐにご提示できます。

ボデーショップミハタの鈑金・塗装の5つの特徴

01.ヒアリングの重視

弊社が修理時に一番大切にしていることは、ご要望のヒアリングです。

「どのような仕上がりをしましょうか?」

私たちは、当然プロの目線で修理提案を行います。
しかし、全てのお客様がその仕上がりを求めているわけではありません。
つまり、「お金を頂く以上これくらいは仕上げないといけない」という私たちと
「見た目だけ直ればいい」というお客様との間で仕上がりイメージに差があることがあるということになります。
当然、出来上がった際に費用的な部分でトラブルになることがよくありますね。
ですので、お互いが納得できる修理内容を事前にすり合わせさせて頂きます。

保険使用の判断

近年の自動車保険は、一度保険を使用すると3年間での保険料が10~15万円ほどアップするケースが多くみられます。
工場によっては、どんな修理でも保険使用を勧めるケースもあるようです。
保険の仕組みがよくわからない方は勧められるがまま保険修理をされることも多いかと思います。
修理の程度によっては、一時的な負担は増えてしまうかもしれませんが、トータルでは実費で修理することのほうが安くつくことも多々あります。

保険を使用せずに修理をされる場合は、可能なものは修理し「本来はここまで必要な作業がありますが、この部分は削減可能です」という形で、最大限ご負担を減らせるような提案を致します。

事故修理は急な出費になりますので悩まれる方も多いと思いますが、正直仕上げ方はいろいろあります。
その都度、臨機応変に対応致しますのでご安心ください。

02.車の価値を下げない修理

悪い部品は全て交換してほしいと言われるケースがよくあります。
「できません」とは言いませんが、車にとって交換するとよくない部品もあります。
フレームや溶接パネルですね。
交換すれば必然的に修復歴ありになる部品が多々ございます。
なんでも交換がいいのではなく、修理するほうが車に無駄な”焼き(溶接)”を入れなくていいんです。
正直なところ、同じ事故でも直し方で売却時のリセール価格が大きく変わります。
弊社では修理時にリセールを見越した修理提案をさせていただきます。

03.プロ意識の高い職人によるクオリティーの高い仕上げ

鈑金、塗装、整備、それぞれに特化して経験を重ねた職人が大切なお車を仕上げます。
弊社のスタッフは整備士はもちろん、塗装担当者は全員が金属塗装技能検定1級を持っており、兵庫技能グランプリの塗装部門優績者もおります。

一般のお客様はもちろん、遠方からの業者様にも頼りにして頂いております。

04.1台づつ調色します

同じ車種や年式、色番号でも保管状況などで色味は異なってきます。
ドアなどの部品を交換すると、基本的には新品パネルには塗装はしてありません。
塗装職人が1台づつ調色し、お客様のお車の塗色を再現した上で塗装をいたします。

05.塗装ブース2基設置

品質の高い塗装をするための必須設備です。
イオンシャワーによる静電気除去などあらゆる設備を導入しております。

その他塗装

バイクのタンク・フェンダー
ホイール等

デントリペア

塗装をせずにえくぼなどの小さな凹みを修理いたします。
費用的にも塗装をするより安くおさまります!

その他のページ